セキュリティ機能はどんなものが利用できるか?

法人向けセキュリティソフトとは

インターネット環境に接続するパソコンには「総合セキュリティ対策ソフト」の導入が欠かせません。個人向けの低価格なパソコンでも、購入した時点で、何らかのセキュリティソフトがインストールされていることは珍しくないほど、一般的な存在となりました。
法人向けのパソコンでも、同じような機能を持つソフトウェアの導入が欠かせませんが、この時、法人向けのものを導入することがおすすめです。なぜならば、法人の場合、「たった一人の社員が独断で設定を変えてしまい、ソフトウェアの更新を怠っていたため、サイバー攻撃の被害を受けてしまった」といった問題が発生しかねないからです。このようなトラブルを回避するため、一括で強制的に操作ができる仕組みを持った、法人向けのセキュリティ対策ソフトは重要です。また、個人向けよりも強固な対策が可能なので、リスクを低くできることでしょう。

ログ監視や不正を防止するソフトもある

法人向けのセキュリティ対策の場合、外部からの攻撃だけでなく、内部で発生する恐れがあるリスクにも目を向ける必要があります。例えば、社員が仕事に関係のないWEBサイトを閲覧し、悪質なPCウイルスに感染してしまうかもしれません。あるいは、こっそり仕事を持ち帰って作業しようとして、データの入ったUSBメモリを紛失してしまう可能性もあるでしょう。
こういった作業を監視・禁止する法人向けソフトウェアは重要です。おかしなサイトにアクセスすると警告を表示して見せないようにする、USBメモリなどの外部デバイスを接続するとエラーになる、といった機能が提供されています。また、ルール違反があった場合、リアルタイムで管理者に通報がいくようにすることも可能です。